理事長挨拶・法人名の由来・理念

 

理事長あいさつ

理事長あいさつ
 
  理事長 梶原 澄子
 このたび、平成27年8月理事会において山代一登麿の後任として理事長に就任いたしましたことを謹んでご報告申し上げます。業界を取り巻く環境が一段と厳しさを増す折りから、その責務の重大さを痛感いたしております。つきましては、今後も全職員一致団結して法人発展のため、さらに専心努力いたす所存ですので、なお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 
               平成27年8月吉日
 

法人理念

法人理念
 
  「山まゆ糸」のような
      光輝く最高の人生を送られることを、
                   心から願って。
 

法人名の由来

法人名の由来
 
可部の町の中心部根谷川沿いにそびえている円錐形の美しい山が高松山である。
この高松山の山頂近くにある高松神社の祭典は、毎年旧暦三月九日の夜執り行われているが、この社は火災除けの神様、いわゆる火の神様といわれ、祭礼の夜の献灯行事は京都の大文字と共に、全国でも珍しい行事として古くから親しまれている。
この大の字点火の由緒と起源は非常に古く、京都東山如意ヶ獄のものを真似写したともいわれているが、はっきりしない。数々の伝説と共に、廃れる事なく今日まで続けられているもので、春の夜の天空にぽっかりと浮かぶ「大の字の光」は遠く広島市中心部から見る事もでき、美しく、しかも人々を神秘の境に誘い入れるものがある。
この行事を維持する為、地元では「高松神社大文字保存会」を結成してその保存に努めておられる。
当法人も、地元に密着し、地元に愛される施設を目指して、この名を冠したものである。
 

経営理念

経営理念
 
  利用者が自立した生活ができるよう支援する。
  利用者が自立して個性的な生活ができるよう援助する。
 

経営方針

経営方針
 
  地域とともに歩む。
  利用者本位で最善のサービスを提供する。
  利用者個人の人格を尊重し、最善を目指したサービスを提供する。
 

可部大文字会について

可部大文字会について
 
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
老​人​福​祉​施​設​山​ま​ゆ​
社会福祉法人可部大文字会
〒731-0202
広島市安佐北区大林町162-2
TEL:082-818-6011
FAX:082-818-6066
------------------------------
1.介護老人福祉施設山まゆ
2.山まゆ2号館(ユニット型)
3.短期入所事業所山まゆ
4.デイサービスセンター山まゆ
5.生活支援ハウス華の木
------------------------------
020395
<<社会福祉法人可部大文字会>> 〒731-0202 広島県広島市安佐北区大林町162-2 TEL:082-818-6011 FAX:082-818-6066